マイネオをレビューするブログ|mineoの評判・キャンペーンやiPhoneの使い方を解説

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【解説】iPhoneを買い替えた時のApple Payの移し方(設定)まとめ|クレカ+Suica

iPhone7から搭載されているApple Pay(アップルペイ|おサイフケータイ)ですが、iPhone8や、iPhoneXに乗り換えるにあたって、どうやって移すんだろう?と思っていました。

実際にやってみると、クレジットカードの方はとても簡単に、Suicaの方も比較的楽に移せました。

今回は、その方法について解説していきたいと思います。

クレジットカードはiCloud経由で同期

大きく分けて、Apple Payで使っているおサイフケータイは2種類あると思います。

  • iD、QuicPayなどのポストペイ型電子マネー
  • Suica

結論から言っておくと、iD、QuicPayのクレジットカード付帯型のApple Payはとても簡単に新iPhoneへ移行することができます。

一方Suicaの方は、ちょっとひと手間かかります。その理由についても後ほど詳しく解説します。

 

クレジットカード型の移し方

iD、QuicPayは非常に簡単に移す事ができます。正確には、移す、というよりも「新端末"でも"使えるようにする」という表現が正しいですね。

下記を見ていただくと分かりますが、新旧のiPhoneの中にApple Payが登録されている事がわかります。

 

これは、iCloudで同期することによって、複数の端末上で同じカードを使えるようにしているのです。

実際に試してみたのですが、決済はどちらの端末を使っても問題ありませんでした。

 

登録の流れは以下のような形になります。

まずは新端末で「Wallet」アプリにアクセスします。

 

そして、そこからApple Payの設定をしていくと、これまで登録しているカードが出てきます。これで登録すればOKです(セキュリティコードの入力が必要です)。

 

以上の設定が終わると、旧端末、新端末、どちらでもApple Payが使える状態になっています。

 

Apple PayにおけるSuicaの移し方

クレジットカード型と違って、Suicaは1枚につき、1端末しか登録できません。

 

iPhoneだけでなく、AppleWatchで登録したSuicaはiPhoneで使えないという制約があります。

 

こういった側面から、Suicaは一度旧端末から削除して、新端末で復活させる必要があります。Suicaのデータは、AppleIDに紐づいているようで、Suicaが端末から削除されても、残高が残っていると、AppleIDにデータとして残っています。

手順としては以下の通りです。まずは、古い端末でSuicaを削除します。

 

そして新端末の方で、Walletアプリを開き、アクセスするして、Suicaのコードから登録するだけ、クレジットカードでの移し替えと違って、こちらはセキュリティコードの入力等は必要ありません。

 

アクティベーションに数分かかりますが、その後はすぐに使えるようになります。

 

実際に新端末への移行をやってみた感想

Apple Payの移行をやってみて改めて感じましたが、iPhoneはやっぱりシンプルで合理的な仕組みになっています。

これまでのガラケーでのおサイフケータイの登録方法とは、登録の仕方も、新端末への移し方も比べ物になりません。これこそが、Apple端末のすばらしさと言えそうです。

 

Apple Payは本当に便利だから使ってほしい

おそらくSuica(交通系マネー)を初めて持った時、「小銭いらないし、便利だなー」と思った人はたくさんいると思います。実際に、小銭の発行数が少なくなっている事がその証拠ですよね。

Apple Payは交通系マネーより、もう一回り便利です。恐らくほとんどの人のポケットか鞄の取り出しやすいところに入れているiPhoneで使えるんですから。

ApplePayは登録するのも、使うのも無料です。むしろクレジットカードのポイントが貯まるので、本当にお得です。

どうせなら、使わないともったいないですよ。

【関連記事】【さらにお得に】mineo(マイネオ)で使えるおすすめクレジットカード9選【他の格安SIMでも使えるよ】